初めての!クラスTシャツ作成ガイド☆

トップ > クラスTシャツに関する豆知識 > オリジナルのクラスTシャツは学校行事で活躍します

オリジナルのクラスTシャツは学校行事で活躍します

体育祭や文化祭など学校のイベントではクラスTシャツが活躍する場は多いです。
デザインがお揃いのアイテムを身に着けるので、チームの一員として自覚し団結力を高められます。
仲間意識が高まれば志も高まり、上の目標に挑戦することもできるでしょう。
そのクラスによって異なる個性を出せるのもメリットです。
例えば体育系が得意なクラスや明るいクラスなどの、クラスの強みを表してみるのもおすすめです。
オリジナルのイラストやロゴをプリントすればイベントも盛り上がります。
クラスTシャツは個人で注文するよりもまとめて注文した方がお得です。
また、現在ではプリント技術も向上しより丈夫に作られているので終わった後も活用できます。
安いコストでオリジナリティーを発揮できるのがメリットといえるでしょう。


クラスTシャツを依頼するにはまず業者を探すことになります。
近くにお店があればそこに直接デザインを持ち込んで相談ができます。
近くにお店がない場合はインターネットで業者を探してみましょう。
今は全国どこにでも発注できるので地域を問わず利用できます。
最近ではホームページがある業者も多いです。
どんな生地を使っているかや仕上がりイメージはぜひともチェックしておきましょう。
人数分の価格はほとんどの場合見れるようになっています。
注文から完成までの日数が早い業者もあるので、日程に余裕がない時は納品が早い業者を探しましょう。
早い納期で受け付けてくれる業者もありますが、その分費用も通常より上乗せされます。
費用は自分たちで出せる予算内でできる業者を選びましょう。
節約したいからと言ってあまりに安い業者を選ぶと生地が薄いクラスTシャツになってしまうので注意が必要です。


まずクラスTシャツの必要人数・生地・カラーを決めましょう。
スポーツを行うなら通気性の良いメッシュ生地などが役に立ちます。
デザインはクラスみんなで決めていきます。
可愛いイラストやユニークなロゴなど自由に決めていきましょう。
ただし、著作権が入るイラストは場合によっては断れる場合もあります。
具体的なデザインが決まったらまずは業者に見積もりをしてもらいます。
見積もりに納得がいけば申し込み完了です。
その後、具体的なデザインを送信します。
送る方法はインターネット上・メール・郵送などがあります。
業者によっては送信ファイルを指定されるのでそれに従いましょう。
納期については早くて1週間、平均で10日程です。
急いでいる場合は相談すれば早くしてくれます。
完成したらクラスTシャツが手元に届きます。
ただし、学校の行事が重なる春や秋は納期が遅れることもあるので余裕をもって注文しましょう。

ページトップへ