初めての!クラスTシャツ作成ガイド☆

トップ > クラスTシャツに関する豆知識 > クラスTシャツを印刷する場合に確認しよう

クラスTシャツを印刷する場合に確認しよう

Tシャツの色や枚数によって、クラスTシャツの費用は大きく異なるため、前もって確認することが重要といわれています。
枚数が多ければ多いほど割安になることや、プリントする図柄を自分たちで考えるか、あるいは業者に依頼するかでも料金が異なるので注意しましょう。
基本的に自分たちで考えればデザイン代は無料となっていますが、制作会社のデザイナーに依頼することによって、通常よりも割高となる可能性が高いです。
リーズナブルな価格で製作を希望するのであれば、クラスTシャツの図案に関しては、クラスの人と協力して納得できるデザインを仕上げ、プリントのみを依頼してください。
製作するに当たり、できるだけ予算を安く収めたいと考えているなら、クラスの人との協力関係が欠かせなくなるでしょう。


クラスTシャツ政策の依頼をする時には、インターネットを使って情報をやり取りすることが多いといわれていますので、参考にしてください。
特にデザインの情報をやり取りする場合には、サイトの独自アプリを使ってやり取りすることが多いため、パソコンのほうがいいでしょう。
スマートフォンでもできる会社はあるため、スマートフォンでやり取りをしたい場合にはチェックしてください。
利用しやすいものを利用することが大切といわれていますので、スマートフォンで注文する時には信頼できる業者から、スマートフォンでも利用できる会社を選びましょう。
また、パソコンでやり取りする場合にも、パソコンのスペックによって利用できるかどうかが異なる為、事前にスペックを確認してください。
業者ごとにパソコンのスペックも異なる為、納得できるやり方のものを確認することが重要といえます。


クラスTシャツのプリントとして挙げられているのは、シルクスクリーンとインクジェット方式の2種類です。
シルクスクリーンの特徴として挙げられているのは大量生産に向いていること、コストを押さえた印刷ができることでしょう。
大してインクジェット方式の場合には、カラーバリエーションが豊富で美しい仕上がりであることが挙げられています。
シルクスクリーンは予算を抑えたい人や単色・2色すりといった色数の少ないものであれば、より鮮明となるでしょう。
対して多色を使うデザインでクラスTシャツを仕上げたい場合、インクジェットのほうがいいといわれています。
予算に応じて納得できる仕上がりのプリント方法を選ぶことで、満足できる仕上がりとなるでしょう。
プリントだけでなく、Tシャツのカラーバリエーションと組み合わせ、納得できる仕上がりを試してください。

ページトップへ